中学1,2年生の講座
《学習の目標》

●学校の授業を完全に理解することを目標にします。
 中1、中2の時間的余裕のあるこの時期に基本的で本質的な「学習上の目の付け所」を学ぶ。・自分で学習する力(=自学力)の習得
 どちらも受験学年になる前に身に付けておきたい力です

●数学英語は中1~中2の夏休み前までが勝負!
 数学・英語は中1~中2の夏休み前まで基礎学力習得に
充てられます。2年生の2学期からは、それまでに学んだ
基礎事項の上に乗っかる単元が目白押しです。 
中学3年生の高校受験対策
≪学習の目標≫

●中学1・2年時にひき続き、学校の授業を完全に理解し、内申点をまとめる
 中3生の一学期の成績は高校受験にとって最も重要な内申点になるとともに、私学「スベリ止め校」が示す基準点クリアーのための大変重要な成績となります。


●入試問題の傾向に慣れ親しみ、確実な得点力を身に付ける
 学校の授業と高校入試問題(特に私学)の内容には大きなギャップがあります。学校では消化しなければならない単元学習に追われてしまい、このギャップをカバーする学習は明らかに不足します。
 公立高校の入試内容は決して難しいものではありませんが、根本的な考え方が理解できていないと得点できない難しさがあり、ここが落とし穴になってしまいます。


●習熟度・志望校など目的別のクラス制で合格を目指す
 お預かりしているお子さんの習熟度や志望校を考慮し、最大3クラスの少人数クラス制で受験学習をサポートしています。(1クラスの人数は4名~10名程度となります)
小学生の少人数グループ授業
~高い思考力を育てる~
 公立中学進学を目的としたこのコースは、“考え方”“学ぶ”ことの基礎訓練がメインです。高校入試(究極は人生全般)で成功するための準備を開始することが目的になっています。 
 “どうしてそうなるの?”という『知的好奇心』を養うことで、お子さんが“自立した学習者”となれるよう、サポートさせていただくことをお約束します。

●小学生には“わからない”“できない”ことだろう
 保護者のみなさまは、こんな思いを抱いた経験があるのではないでしょうか。確かに“つい”思ってしまいますよね。しかし、これは大人の視点で子どもたちの限界を決め、一定のラインを引いていることになります。ですが子どもたちの“知りたい”という欲求は高く、大人の予想に反していろいろなことを柔軟に吸収・表現していきます。つまりお子さんの潜在能力は大人の想像をはるかに超えているのですね。
 自分自身で物ごとを解決する力は大人になればなるほど必要な、一生の財産になります。

●余裕のある学力を持って中学へ進学しましょう。
 委員会活動や部活動に積極的に取り組める精神的余裕ができます。内申にも良い影響を与えます。 中学生活を成績上位でスタートすることは、その後の成績アップがほぼ保障されます。「スタートダッシュに乗れ」とよく言われますが、乗ってしまえばあとは勢いで高校受験までまっしぐら。
  • シンケンコガネハラキョウシツ
    進研小金原教室
  • 〒270-0021
    千葉県松戸市小金原9丁目36−12地図で見る
  • 047-346-8182
  • 駐車場なし

Copyright 進研小金原教室 All Rights Reserved.